Weird weather

先々週は寒い日が続いて、雪が降り続いた。

降り続いたと言っても、1日のうち、朝だけ降って突然晴れるってパターンとか、変な天気。

ポートランドは「weird」と言われるだけに、お天気も変なのか❄️

Advertisements

Snow beauty at Forest park

雪が降ったフォレスト・パークは格別。

魔法の世界へ、ようこそ。

お日様と雪の妖精が、キラキラと遊んでる。

その中に足を踏み入れられることの喜びと同時に、謙虚さがジリジリと湧き上がってくる。

お日様が葉っぱと雪に重なったキラキラと、

雪を踏むサクサクと、

川の水が心地よく流れるルルル。

こういうのを生きる喜びっていうのか。

Alphabet District

Portland ノースウェストの中でも、ダウンタウンに近いアルファベット地区は、道がabc順に続いている。

Ankeny

Burnside

Couch (クーチ)

Davis

Everett

Flanders

Glisan

Hoyt

Irving

Johnson

Kearney

Lovejoy

Marshall

Northrop

Overton

Pettygrove

Quimby

Raleigh

Savier

Thurman

Upshur

Vaughn

ここで豆知識 。c のクーチというのは、船の船長クーチキャプテンという人からとった名前。この人が、通りにアルファベット順の名前をつけることを提案したんだって。

Portland Trail Blazers

地元のNBAチーム、ポートランド•トレイルブレイザーズの試合。シーズンン中にポートランドにいるなら、一度は見に行きたいところ。

私は元々全くバスケのファンではなかったけど、一度試合を見に行ったその日にブレイザーズのファンになってしまった。

今は背番号0のダミエン・リラード選手(キャプテン)と3のCJ・マコラム選手が主にチームを勢い付けている。

ブレイザーズが試合でいいプレイを見せてくれると、感激して自分もまた頑張ろうと思える。スポーツには、そういうripple effect(波及効果)が確実にある。

Wallace Park

ポートランドで私が特に好きな公園、ウァレスパーク。ノースウェストのクゥィンビーストリートと25アベニューが重なるところにある。

犬が自由に走り回れるように囲いが設けられたエリア(犬達がイキイキしてる)、小さなバスケコート、広い芝生のエリア、遊具エリアがあって、西の方にフォレストパークの木々が望めるのも嬉しい。

先日散歩すると、まるで大人の女性のような雰囲気で話し合っている5歳くらいの女の子たちがいた。そんな風景を見てクスッと笑いながら、自然いっぱいの公園を歩けるのは、1つの幸せだと感じた。

Diversity in beer

移民の国、多文化社会などと言われるアメリカ。たくさんの文化が存在することによる葛藤がある分、多様な豊かさや喜びが存在している。

さて、お酒好きに嬉しいのは、スーパーに並ぶビールにも多様性があること。アメリカだけじゃなく、ベルギーとか色々な国のビールが楽しめる。(これはノースウエストにあるニューシーズンズ。)

日本の?!と思われるのもあった。相撲取りが日本文化代表してる?

これは私の好きなフルーツビール – Framboise。ベルギーのビールで、後からラズベリージュースを加えているのではなくて、ビールにラズベリーを加えて発酵させているから、とても濃厚な味わい。最近では、日本の成城石井とかでも売ってるかも。是非、試してみてほしい逸品。

Tree in the City

「大きな木」と言われて想像するイメージは人によって違うけど、街を普通に歩いていて、こんな木があったら誰でもぎょっとするはずだ。

まるで森の中から歩き出て来たみたいな巨大な木。幹はまっすぐなのに、それを取り巻く緑がうねっているのも、ストーリーを感じさせる。

街歩きするだけで、振り返りたくなる(そして写メしたくなる)木がある。その存在が、街を、人の心を豊かにしている。